和をたしなむ

2017.09.27更新 - 徒然なるままに

深まる秋を感じる壁面のコーディネートに。

 

早いもので、九月も最後の一週間。

 

きもの美濃幸の店内も、

九月の初めころに掛けていた単衣物から、

深まる秋に向けての、袷の季節に心地よいものへと、

模様替えをしました。

 

 

 

店の外からも、店内に入って頂いてからも、

一番よく見え、ご覧になる方の多い壁面のコーディネートは、

いつも、「きもの美濃幸らしさ」を意識したものを掛ける様にしています。

 

 

毎月、毎日、ここのコーディネートを作る事が私の愉しみ♪

今月はこのような雰囲気に仕上がっています。

 

 

 

 

長着と帯のコーディネートは、3つ作るのですが、

それは女性のコーディネートだけでなく、

男性のコーディネートも必ず作る事が、私の中での決まり事。

 

 

今月は中央に、こっくりとしたボルドーの無地紬と、

米沢の角帯を合わせてみました。

 

 

 

女性向けのコーディネートは、

手前側、飯田紬の無地と南風原ロートン織の九寸を合わせたカジュアル系のものと、

奥側、飛び柄の小紋と経錦の九寸を合わせたセミフォーマル系のものを。

 

 

飯田紬のような真綿系の紬が心地良い季節の到来ですし、

七五三等の礼装も出番が多い季節の到来。

 

 

楽しみながら、自分らしく着物と在る時間を創る事の、

ちょっとしたお手伝いが出来ればと思っています♪

 

 

日に日に秋が深まり、気づけば袷の着物が心地良く感じる季節。

皆さまも素敵な季節の到来を、着物と共にお楽しみくださいませ。

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP