和をたしなむ

2017.03.15更新 - 木綿

男の着物を帯色で楽しむ。「片貝木綿 長着×角帯 二選」

 

 

春爛漫の季節が近づくと、一層着物が心地好く、

袖を通すことが楽しみになります。

 

そんな春の訪れに最適な、木綿の着物をご紹介。

 

着物を着たい男性の皆さまに、存分にお楽しみ頂ければと思います♪

 

 

今日ご紹介するのは、普段着の着物に最適な「片貝木綿」のコーディネート。

長着も帯も片貝木綿の織屋「紺仁」さんの一品です。

 

「片貝木綿」は、新潟県片貝地区で製織されている木綿生地で、

少し薄手で、さらっとした素材感が特徴。

 

まさにこれからの季節に最適な素材のひとつです。

 

 

帯は昨年から仕入れを始め、お客様にも好評を頂いている、厚手の木綿角帯。

 

木綿着物には、木綿角帯が素材感的に最適なのですが、

残念なことに、出回っている木綿角帯はどちらかというと入門編のものが多く、

長く愛用しながら自分らしい素材感に育てていく感覚は、薄いものがほとんどです。

 

 

私は祖父が愛用していた木綿角帯がとても使いやすく、

使い込まれたからこその使いやすさのある日常の愛用帯なのですが、

この角帯もそれに似た風合いを持つ一品。

 

きっと、初めの印象は「固くて結びにくい。」なのですが、

何度も結び、使い込んでいくうちに、木綿らしい柔らかさが出てきて、

何年かののちには、欠かすことの出来ない一本になる事間違いなしです。

 

 

今現在、店にある木綿角帯は、上の写真の「黒×赤」のピンストライプのものと、

下の写真の「グレー×白」のピンストライプの二点。

 

 

どちらも、チャコールグレーの長着との相性が良く、

それぞれの個性を持って袖を通して頂ける事と思います。

 

 

着物を着てみたい。

 

と思われてお越し下さる男性のお客様は多く、

そうした皆さまに常時ご覧頂ける様に品揃えをしています。

 

 

そうした男性の多くは、

 

洋服の延長線上で着物を着てみたい。

 

と思われている方がほどんどで、

あまり奇抜な色柄よりもスーツと同じ感覚で袖を通せる着物や帯が、

当店ではとても人気があります。

 

今日ご紹介したコーディネートも、きっとそんな男性の皆さまに、

心の負担無く、気軽に着物をお楽しみ頂けるコーディネート。

 

ぜひ多くの男性に、着物を着る楽しさ、

ファッションの選択肢として着物が在る楽しさを、

味わって頂けたらと思います♪

 

「掲載商品詳細」

片貝木綿長着 フルオーダー仕立て上がり価格 42,600円(税別)

片貝木綿角帯 18,000円(税別)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP