和をたしなむ

2019.02.18更新 - 商品紹介

男性向け「角帯」も織り上がりました♪

 

23日(土)から開催をします、「ひょうたんカフェ 春こもの展

 

先週のコラムでご紹介しました、「女性向けの半巾帯」に続きまして、

今日は男性向けの角帯をご紹介します。

 

 

このコラムでも何度か書きましたが、

男性の帯というと、黒・灰・茶色とシックな色目が多く、

木綿や紬などを着て出掛ける、デニムにTシャツを着る様な時には、

あまりにも遊び心が乏しく、

 

結んでいるだけで楽しくなる色を持った帯を!

 

という想いの下、

ひょうたんカフェさんと一緒に織り上げた角帯が、

このさき織り帯「角帯Ver.」です。

 

 

赤系や、ブルー系の帯や、茶系でも色を挿したものなどを揃え、

最近、当店でもご来店が増えています「普段着きもの男子」の皆さまに、

お楽しみ頂けたらと思っています。

 

 

一番相性が良い長着の素材は「木綿」。

 

袷の季節には無地系の紬と合わせても、

帯が持つファブリック感をお楽しみ頂けます。

 

 

夏場は麻に合わせても心地よく、軽くて柔らかな織り上がりなので、

心身ともに軽やかに楽しめる事が、この帯の特徴となっています。

 

 

結び方は色々ですが、私の好みは「片挟み」。

 

 

もちろん貝の口も結べますが、柔らかくて貝の部分が潰れてしまうので、

貝の口らしい美しい結び目が出来ず、

反対に片挟み(浪人結びもOK)にすると織と織とが引っかかり合うので、

解けにくくて心地好いと思います。

 

車の運転をする際も、結び目が気にならず、とても快適。

 

もちろん!

着物で車を運転する際には、

「#僧衣でできるもん」ではありませんが、

足元と袖にはご注意をお願いします♪

 

 

女性向けのものと同じく、

帯巾と帯の長さのある布地を使われる方の個性と好みに合わせて、

自由に、楽しみながら、自分らしく使って頂きたい事が、

このさき織り帯の一番の想いです。

 

 

23日から始まる期中では、

実際に手に取り、風合いを楽しみながら、

お好みの一本をお探し下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

 

ひょうたんカフェ×美濃幸オリジナルさき織り帯「角帯巾」 9,500円(税別)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP