和をたしなむ

2021.06.08更新 - 角帯

真夏の日差しの下で映える、茶色の角帯を。「読谷山ミンサー・角帯・赤茶」

 

今週は、週の始まりから暑さを感じ、

当店もクーラーを入れ始めました!

 

 

暑い中、またマスクをしてのご来店の際は、

どうぞ無理のない範囲で、熱中症に気を付けて、

お越し頂けたらと思います。

 

 

さて、

 

そんな夏の季節に最適な角帯を、

今日はご紹介します。

 

 

読谷山ミンサー 角帯・赤茶

 

 

沖縄の綿織物「ミンサー」。

 

沖縄の読谷山で織り上げた、

一本になります。

 

 

今までも何回か紹介しましたが、

 

「ミンサー」とは、

「綿(ミン)」の「幅の狭い(サー)」織物の事。

 

 

沖縄独自の綿織物で、

私が愛用しているものは「八重山ミンサー」。

 

私の愛用はこちら夏の訪れを感じる八重山ミンサーの角帯

 

 

産地によって、色遣いなどが若干違いますが、

基本的な織り方は同じで、

沖縄らしい色糸を使い、沖縄らしい柄を織り込んで、

一本の角帯に仕上げています。

 

 

柄の部分は「花織」になっており、

竹串を挟みながら立体的な柄を織り上げていきます。

 

 

こちらの一本は、

ミンサーの角帯としては珍しい、

赤茶色の地色で織り上げた一本。

 

 

茶系というと、

年齢を感じさせる色のひとつですが、

実は、夏に使う茶色はとても映え、

帯周りに一色、アクセントを加えてくれ、

個性を引き立ててくれる色でもあります。

 

 

合わせる長着は、

木綿や麻との相性は抜群。

 

正絹も夏紬と合わせて頂くと、

着姿に良い色を挿してくれます。

 

 

長着の色も自由自在。

紺色や濃い色目のものから、

白や生成りなどの薄い色目まで、

着手の個性に合わせて、

楽しみながら結んで頂ける一本です。

 

 

来たる季節を色や柄と共に楽しむ。

 

 

皆さまにもそんな素敵で、

心躍る季節が訪れます様に。

 

 

《 掲載商品詳細 

 

読谷山ミンサー角帯・赤茶 26,400円(税込)

 

《 ご購入はこちらから 

 

読谷山ミンサー 角帯 赤茶

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP