和をたしなむ

2021.09.08更新 - 帯〆・帯揚

確かな締め心地と存在感ある一本を。「帯〆『渡敬・観世組・撚り房』」

 

秋色に模様替えをしました、

 

きもの美濃幸オンラインショップMINOKO STORE

 

早速、季節に似合う商品の

掲載を進めていきます。

 

 

今日は帯〆をご紹介します。

 

 

帯〆「渡敬・観世組・撚り房」

 

 

京組紐の名店「渡敬」さんの定番にして、

きものファンから絶大なる人気を誇る、

「観世組・撚り房」の帯〆たち。

 

今回は3配色ご紹介します。

 

 

観世組・撚り房の一本は、

房の色は違えども、本体は単色で、

一見するとかなりシンプルな印象を受けますが、

 

その組み上がりの様子と、色選びが抜群という事が相まり、

帯に合わせ、締めた時の存在感は、

他にはないものがあります。

 

 

写真でもわかる様に、

光の陰影によって表情が生まれ、

また得も言われぬ気品があるのが、

この観世組の帯〆の魅力。

 

金糸銀糸を使っていませんが、

色無地や附下などのフォーマルに合わせても、

充分にお使い頂ける組み上がりです。

 

 

色は、

 

煉瓦色×茶色

 

 

本体は煉瓦色で、

房は茶色になっている、

秋らしい雰囲気のもの。

 

 

 

水色×桃色

 

 

柔らかなで、

女性らしい雰囲気を持った一本。

 

 

 

緑色×臙脂色

 

 

こちらは緑色が気品あり、

また房の色が良いアクセントになっています。

 

 

先にも書いた通り、

お召しになる場もひろく、存在感もあり、

使い勝手の良い観世組の一本たち。

 

 

来たる袷の季節に向けて、

自分らしい一色をお選び頂き、

素敵な着物と在る時間をお過ごし下さいませ。

 

 

《掲載商品詳細》

 

帯〆「渡敬・観世組・撚り房」 各22,000円(税込)

 

 

《ご購入はこちら》

 

帯〆「渡敬・観世組・撚り房」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP