和をたしなむ

2021.01.21更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

色柄の「楽しさ」を存分にお楽しみ頂けます様に。「岡重 染九寸『サーカス』」

 

30日(土)まで開催、

 

「 初荷市2021 」

 

出品商品紹介をしていきます。

 

 

着物を着る事がシンプルに、

 

「楽しいこと」

 

と思っている方が、

当店とご縁のあるお客さまには、

とても多く居られる様に思っています。

 

 

当たり前のことかも知れませんが、

自然に、肩の力を抜いて「楽しむ」事は、とても大切なこと。

 

 

今日、ご紹介する一品は、

そんな「楽しいこと」を遊び心と共に、

結んで頂けたらと思う、染めの一本です。

 

 

岡重 染九寸「サーカス」

 

 

生成りの紬生地の上に、

蝋襭染で描かれた楽しげな柄たち。

 

 

タイトルの通り、

サーカスの一団が街にやって来た、

楽しい雰囲気を持つ一本です。

 

 

お世話になっている千切屋さんが、

オリジナルで製作された一本を拝見し、

そこなら柄の配置などを美濃幸好みにリデザインして、

別注で染め上げて頂いた一本です。

 

 

何と言っても、シンボリックで、

愛らしさを引き立ててくれているのは、

お太鼓の中央に配された、象さん。

 

元々の帯は、この象さんが、

お太鼓には来ていない構図でしたが、

真っ先に私の目と心に留まったのはこの象さんでして、

この子が一番引き立つ様に、染めて頂く事になりました。

 

 

柄のデザインもさることながら、

配色がとても愛らしく、

生成りの地色の上によく映えています。

 

 

無地のきものや、軽めの小紋、無地系の紬の上に結んだら、

きっと楽しい雰囲気になるかと思います。

 

 

お太鼓の柄付けは、

かなり広めにとってもらったので、

象さんの位置は、自由自在に。

 

 

それは前腹も同様で、

染めの太鼓柄ではありますが、

六通の帯の様な感覚で結んで頂けます。

 

 

前腹の柄は二通りに。

 

ライオンと馬の柄と、

 

 

アシカと犬、空中ブランコの柄を、

自由にお楽しみ下さい。

 

 

 

言葉で多く語らなくとも、

そのものが持つ雰囲気自体が楽しげで、

箪笥に在るだけでその気持ちが一層高まる事でしょう。

 

 

大好きな帯と共に、着物と在る時間が一層楽しく、

素敵な時間になります様に。

 

 

掲載商品詳細

 

岡重 染九寸「サーカス」 360,000円(税別・反物価格)

 

ご購入はこちらから

 

岡重 染九寸「サーカス」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP