和をたしなむ

2021.11.23更新 - 色無地

花紋の格と美しさ。「蔵出し市目玉商品紹介その4『色無地(小紋)・花紋・三つ紋・貝合わせ』」 

11月の特集第二弾!!

 

「2年に一度の蔵出し市~冬の陣2021~」

 

詳しくはこちら

2年に一度の蔵出し市~冬の陣2021~開催します。

 

 

期中は、

店内全品30%OFFの蔵出し市価格になり、

どれを選んでもお値打ち確定なのですが、

そのなかでも、

ワタクシ若だんながイチオシする、

蔵出し市の目玉商品をご紹介します。

 

 

【蔵出し市目玉商品】

 

その1 飯田紬

 

その2 織司なかむら御召

 

その3 美術工芸啓 袋帯

 

 

今日は、

シックな色目の中にある、

小さくも大きな美しさをご紹介します。

 

 

色無地(小紋)「花紋・三つ紋・貝合わせ」

 

 

黒に染め上げたちりめん生地に、

背と両胸に三つ、花紋をあしらった、

色無地(小紋)です。

 

 

花紋は、華やかさを湛えた「貝合わせ」。

 

 

背は、一層豪華で華やかな雰囲気に。

 

 

両胸は、貝合わせが一柄省いてありますが、

それでも十分に花紋の美しさを感じて頂ける、

丁寧な刺繍が施されています。

 

 

こうした丁寧な手刺繍で、

花紋を入れられる職人さんも少なくなり、

皆さまにご紹介する機会も減りましたが、

今回は、こちらの一着を、

蔵出し市でご紹介出来る様になりました。

 

 

ちりめん生地は、

大柄な市松模様が織り上げられており、

色無地ですが、

帯合わせや小物合わせによっては、

小紋的にもお楽しみ頂ける一着に。

 

 

貝合わせの柄も、

古来から縁結びやハレの時を表す、

とてもおめでたい柄ですので、

 

お心に留まられた方、

御召になられる方にとって、

この一着が素敵なご縁を結ぶ、

大切な一着になればと願っています。

 

 

《掲載商品の詳細・ご購入はこちら》

 

色無地(小紋)「花紋・三つ紋・貝合わせ」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP