和をたしなむ

2021.05.05更新 - 徒然なるままに

菖蒲と菖蒲。

 

お世話になっているお花屋さんで、

端午の節句に合わせて菖蒲の花を買ってきました。

 

 

いつもは女将が活けているのですが、

今年は私が思い立ち、若だんなである私自身で活けてみる事に。

 

 

作法は全くもって知りませんが、

何となく、綺麗に見える様に、

高さを揃え、剣山で向きを揃えてみたら、

案外、良い感じに活けられました♪(自画自賛)

 

 

せっかくなので、店舗スペース正面の、

高久空木さんの塩瀬九寸「菖蒲」の脇に置いてみる事に。

 

 

「生花」の菖蒲と、「染物」の菖蒲の共演。

 

 

生き物なので、同じものはありませんし、

生花に勝る色合いはありませんが、

菖蒲が持つ本質的な美しさや、

伸びやかな力強い生命力、

可憐な雰囲気などは、

染め帯からも感じるというもの。

 

この様なつぶさな描写が出来、

それを一生変わらない姿として、

生地の上に染め上げる力にこそ、

染色作家の素晴らしさが在るのだと、

こうして並べて置いてみて改めて気づかされました。

 

 

生花の美しさと、それを活かし続ける染色の美しさ。

 

 

共に感じ、お伝えが出来る、

そんな着物専門店で在りたいと思います。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP