和をたしなむ

2020.06.17更新 - 半巾帯

鮮やかで愛らしい色を取り入れて。「竺仙 麻ぼかし半巾帯」

 

竺仙さんといえば、言わずもがな「浴衣」が真っ先に浮かびますが、

私は毎年2月に開催される竺仙さんの新作発表会では,

必ずこのアイテムの新色を見る様にしています。

 

 

麻ぼかし半巾帯」です↑

 

 

どこのでもある様な一色の半巾帯の様に見えますが、

浴衣に合わせる帯として、この竺仙さんの半巾帯はかなり優秀。

 

浴衣をお召しになる女性を、愛らしくするのも、品良くまとめるのも、

どちらも得意な一本になり、コーディネートの幅が広がります。

 

 

片側の端の部分だけうっすらと、

ぼかしが入っているのが特徴のひとつ。

 

 

ただの無地ではこの色の楽しさが味わえず、

ちょっとしたぼかしが着姿全体としてみると、

とても効いてきます。

 

 

また、生地にも地模様があり、

細かな市松模様で織り上げた生地を染め上げて、

半巾帯に仕上げてあります。

 

 

これも、ちょっとしたことですが帯周りに表情が生まれ、

浴衣らしい着姿を演出してくれます。

 

 

浴衣を浴衣らしく、女性らしい愛らしさを込めて。

 

 

明日は、この帯を使ったコーディネートを、

ご紹介したいと思います。

 

 

掲載商品詳細

 

竺仙 麻ぼかし半巾帯 各28,000円(税別)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP