和をたしなむ

2017.12.22更新 - 徒然なるままに

きもの屋らしいクリスマス。

 

夕暮れときの街中を歩けば、綺麗なイルミネーションが目に入り、

日本中どこにいても、12月らしい季節を感じる様になりました。

 

 

という事で、きもの美濃幸も当たり前のように、

クリスマスらしい店内の雰囲気にする事に。

 

とはいえ、和を扱うきもの屋なので、

きもの屋らしいクリスマス」が、私の目指すところ。

 

このタペストリーは、そんな雰囲気を盛り上げてくれる、

当店のクリスマスに必須のアイテムです。

 

 

クリスマスカラーを連想させてくれる、絞りの九寸名古屋帯と、

その横に添えたものは、手染めをしたクリスマスタペストリー。

 

タペストリーの方は、独自の世界観で物作りをされている、

山本由季さんの作品です。

 

以前、当店で由季さんの個展をさせて際、

店の一品として購入をさせて頂きました。

 

 

横に添えた帯は、色はクリスマスを連想させますが、

実際には「椿」をモチーフにしたもので、

何も違和感なく収まっています。

 

店に置く季節の色紙もクリスマス。

 

 

もちろん!クリスマスツリーもお目見えです♪

 

 

以前、商店街をあげてクリスマスイルミネーションをしていた頃、

備品として購入をしていたツリーで、

飾るイルミネーションは飴色電球、お飾りも昭和臭漂うものでしたが、

今年はLEDのイルミネーションと、平成の香り漂うお飾りを購入。

 

我ながら、見栄えのする一木となりました。

 

クリスマスツリーは、夕方~夜頃に街を通るお子様の目に留まり、

楽しそうに足を止めてくれることが、何より楽しいこと♪

 

こんな事がきっかけで、きもの屋を身近に感じてもらえれば、

そこから着物を知るきっかけになってもらえれば、なお一層嬉しい限りです。

 

 

きもの屋らしいクリスマスの季節感。

 

ご来店の皆さまに、お楽しみ頂けたらと思います。

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP