和をたしなむ

2021.10.22更新 - コーディネート紹介

シンプルかつ、遊び心を持って。「小千谷紬 越後おぐにくるまや工房 松煙染 二選」

 

今月の特集、

 

「秋袷に向く、美濃幸好みの紬」

 

 

昨日にご紹介をしました、

 

小千谷紬「越後おぐに くるまや・松煙染」

 

に帯をコーディネート。

 

↑でも書きましたが、

こちらの一反は広幅の男性向けですが、

色柄雰囲気ともに女性にもおすすめなので、

男女ともに美濃幸好みをご紹介します。

 

 

まずは男性向け。

 

 

ネイビーブルーの角帯をコーディネート。

 

 

定番中の定番カラーであり、

濃淡の合わせ方も和装の定番。

 

面白みに欠けるように思えますが、

こうしたベーシックな組み合わせは、

いつでも、どこでも、いつになっても、

自由に楽しめるコーディネートです。

 

 

定番になるということは、

それに魅力があり、普遍性があるということ。

 

ネイビーブルーや紺色の魅力は、

年を重ねるごとに感じています。

 

 

こちらの角帯は、博多織のもの。

 

原田織物さんの一本で、

実際には杉綾の地模様が織り込まれており、

光の陰影によって表情が生まれ、

そこに面白みがある一本です。

 

 

長着がクリーム色であり、

男性にしては珍しい色目なので、

帯は抑えめにすると、

長着の魅力が引き立つことでしょう。

 

 

続いては、女性向け。

 

 

こちらは、同系色組み合わせ。

 

帯締めも冠組の単色、

茶系の濃淡でまとめてみました。

 

 

ただし、ご覧の通り、

帯は遊び心あふれる一本。

 

チェック柄(市松模様)を、

チャックで表現した鬼ちりめんの染め帯です。

 

 

紬の着物に合わせる帯は、

かしこまった柄よりも、

こうした遊び心があり、

少しくだけた雰囲気のものの方が、

一層似合うように思います。

 

 

カジュアルの延長線上。

 

気軽に、肩の力を抜いて、

自分らしく楽しむ一着にこそ紬の魅力があり、

気候がいい秋袷の季節こそ、

そうした遊び心を盛り込んだ着姿を、

存分にお楽しみ頂きたいと思っています。

 

 

シンプルかつ、遊び心をもって。

 

 

皆様にとって、

そんな素敵な秋袷の季節となります様に。

 

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

小千谷紬「越後おぐに くるまや・松煙染」

角帯「博多織・原田織物・ネイビーブルー」

名古屋帯(九寸)「鬼ちりめん・チャック市松」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP