和をたしなむ

2020.06.04更新 - 袋帯

シンプルな幾何学模様の楽しさを。「櫛織り 単衣~夏袋帯」

 

今日ご紹介する一品は、

きもの美濃幸としては珍しい「袋帯」。

 

単衣から夏衣に向けて、

染め分けの面白さ、幾何学模様の楽しさをお楽しみ下さい。

 

 

櫛織り 単衣~夏袋帯

 

 

シンプルな、二色染め分けの袋帯。

 

何のこともないデザインですが、

とても味のある配色と構図だと思います。

 

 

「櫛織り」という、柘の櫛を使い、糸をよろめかせながら織り上げるもので、

見た目の色は濃い目の色目で、夏帯らしい雰囲気は薄いのですが、

実際には透け感のある織り上がり。

 

 

夏に限らず、単衣頃からも結んで頂ける、

重宝な一本だと思います。

 

 

前腹はこの様な雰囲気に。

 

 

お太鼓同様、三角の幾何学模様が映えるものに。

 

結んだ時の奇抜さはなく、工芸品の様な美しさが備わっているので、

帯〆や帯揚げの色合わせを、自分らしくお楽しみ頂けます。

 

 

昨日アップしました、

樋口隆司さんの小千谷縮に合わせてみました。

 

 

市松模様の「四角」と、帯の「三角」のマッチングが良い感じ!

 

長着と帯と丸はありませんが(笑)、

帯〆を丸組のものして揃えても面白いかも知れません♪

 

 

奇をてらわず、シンプルに、自分らしくきものを楽しむ。

 

一本の帯と共に、そんな素敵なきものと在る時間が、

皆さまに訪れます様に。

 

 

掲載商品詳細

櫛織り 単衣~夏袋帯 90,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP