和をたしなむ

2020.05.01更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

個性に合わせて、出し方をお楽しみ下さい♪「絞り染め分け 単衣~夏衣向き九寸」

 

昨日ブログでご紹介しました小千谷縮などに合わせると、

きっと楽しい帯をご紹介します。

 

 

絞り染め分け 九寸(単衣~夏向き)

 

 

薄手の絹帯地に、絞りで染め分けをした九寸です。

 

透け感はありませんが、単衣から夏物にも合わせて頂ける、

これからの季節に重宝な一本。

 

 

この色遣いと相まり、

遊び心と共に結んで頂けると思います。

 

 

垂先は地色の鼠色になりますが、

あとは、この絞りの染め分けの柄付け。

 

 

絞りならではの曖昧な輪郭と、色同士が重なった部分の表現が、

とても面白い仕上がりの一本です。

 

 

お太鼓と前腹は、写真の様な三配色の連続になりますが、

出し方を少しずつ変える事によって、帯の表情も変える事が出来ます。

 

 

濃茶。

 

 

紫。

 

 

薄茶。

 

 

どこも、それぞれに個性があり、

面白い一本になるかと思います。

 

 

合わせる長着は、先にも書いた通り、

小千谷縮の様な麻から、紬、木綿まで、

カジュアル傾向のものであれば幅広くお楽しみ頂けます。

 

 

結ばれる皆さま、お一人ごとの個性に合わせて、

そして、夏の楽しい遊び心を込めて、

来たる夏の季節を存分にお楽しみ下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

絞り染め分け 単衣~夏向き九寸 130,000円(税別・反物価格)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP