和をたしなむ

2020.06.15更新 - 浴衣

優雅に泳ぐ姿と涼感を。「竺仙 綿絽ゆかた『金魚』」

 

梅雨入りをして、雨を感じていると、

不思議と水にまつわる色柄に心が向きます。

 

 

そんな今日は、江戸染の名店「竺仙」さんの、

定番型で染め上げた浴衣をご紹介。

 

優雅に、そして優美に泳ぐ姿をお楽しみ下さい。

 

 

竺仙 綿絽ゆかた「金魚」

 

 

白地の綿絽生地の上を、優雅にゆっくりと泳ぐ金魚たち。

 

先のも書いた通り、この金魚の型紙は竺仙さんの名物で、

当店でも今まで何反か、この柄を仕入れさせて頂いています。

 

とてもシンプルな染め上がり。

 

 

だからこそ、型紙自体の素晴らしさや、染色の美しさ、

それを支える竺仙さんの確かな技術が際立ちます。

 

 

注染で染め上げる竺仙さんの浴衣は、染料を注ぐ中にボカシが入り、

微妙な濃淡が金魚の優雅さと、生き物として動く様子を感じさせてくれます。

 

金魚の柄は浴衣の定番なので私も他で見かける事はありますが、

この型紙に勝る金魚を見かける事はなかなか出会いません。

 

 

生き物の柄は、「生」を込め過ぎると生々しくなり、

それを抑えようとすると、安易で幼稚になるので、

その塩梅を見極め、染め上げる事に、

竺仙さんが長年培われてきた技術や、職人さんの勘が必要となります。

 

 

この一反に心が留まる方の寸法に仕立て、身にまとい、

帯を結んだ時の着姿はどの様になるのでしょうか。

 

 

そんなきもの屋として最大の楽しみは、これからの事。

 

素敵なご縁がある事を願い、

その時を楽しみにしております。

 

 

掲載商品詳細

 

竺仙 綿絽ゆかた「金魚」 44,400円(税別・反物価格)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP