和をたしなむ

2020.06.25更新 -

夏絹の着心地の一端を知り、気軽に楽しむ。「東郷織物 夏大島『格子』」

 

夏衣の着心地、特に夏絹の着心地は麻の様な抜ける涼感はありませんが、

しなやかな着心地と軽やかな質感は、他に比べ様のない上質さが在ります。

 

 

今日ご紹介する一反は、

そんな夏絹の心地好さを気軽に味わう、

おすすめの夏大島です。

 

 

東郷織物 夏大島 格子柄

 

 

宮崎県都城市で製織されている、

東郷織物さんの夏大島です。

 

東郷織物さんといえば、「綿さつま」でも有名な機屋さん。

 

経緯絣の手織り物は、年間数反しか織り上げる事が出来ない貴重な一反で、

着物好きはもちろん、私たち着物専門店もなかなか見かけない、

でも、その上質な着心地や質感は他を寄せ付けない唯一無二の存在であり、

絶えることのない人気を誇る織物を製織されています。

 

 

当店でも今まで何反か扱わせて頂いており、

特に東郷織物さんの手織りの夏大島は、私の中では「最上の夏絹」。

 

絹味が活かされた織り上がりや、滑らかな質感は至高のもので、

 

「これに勝る夏絹ってあるのか」

 

と思わせてくれる一品です。

 

 

と、

東郷織物さんの紹介と、私の想いを書いてみましたが、

こちらの一反は手織りではなく、織機織の一反。

 

 

「手織りでないんだ・・・」

 

と残念がる方も居られるかも知れませんが、ご心配には及びません。

 

手織り程とは言いませんが、

この滑らかな質感や織味は、東郷織物さんならでのもの。

 

夏絹の質感を味わいたい方には、

お勧めできる一反に織り上がっています。

 

 

柄はシンプルな格子柄。

 

こなれたお値段と相まり、夏の普段着使いにお召し頂く事を考えると、

こうした帯合わせを楽しみやすい、シンプルなものが最良です。

 

 

帯合わせは、

 

同じく縞格子にしても良し、

大胆な色柄のものを合わせても良し、

 

お召しになる方おひとりごとの個性や着ている場に合わせて、

幅広くお楽しみ頂けたらと思います。

 

 

ちなみに、美濃幸好みの合わせ方はこちら。

 

 

以前ご紹介をしました、櫛織りの八寸「ペルシャ柄」を合わせました。

 

柔らかな色のトーンは合っており、

かといって馴染みすぎない色合わせ。

 

 

お太鼓の柄を活かしてくれる、楽しい組み合わせになりました。

 

 

夏の季節を、自分らしく、気軽に楽しむ。

 

 

日に日に陽射しが強くなり、

夏を感じさせてくれる日が増えてきました。

 

皆さまにとって今年の夏が、

いつにも増した素敵な季節となります様に。

 

 

掲載商品詳細

 

東郷織物 夏大島「格子柄」 100,000円(税別・反物価格)

西陣織 都 櫛織り八寸「ペルシャ柄」 130,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP