和をたしなむ

2017.12.16更新 - 洛風林の帯

寒い季節に心地よい、暖かで遊び心あるコーディネートを。「洛風林の帯×丹後木綿」

 

昨日ご紹介しました、

丹後木綿細縞モスグリーンと、西陣織織悦の角帯とのコーデ。

詳しくはこちら西陣織の名店の質感を気軽に味わう。

 

帯をこちらに変えると、女性らしく、

暖かな質感を持ったコーディネートの変化します。

 

 

九寸名古屋帯、洛風林の帯「蛮布石畳文」をコーディネート。

秋冬に心地よい、暖かな色の雰囲気にまとまりました。

 

 

蛮布石畳文は、その名の通りオリエンタルな雰囲気を感じる柄で、

その織り糸の配色が楽しく、九寸ながらも遊び心を持って結んで頂ける、

洛風林らしい織り上がりの一品です。

 

 

木綿の着物は、どこかに遊び心を持ってお召し頂くと、

カジュアルなお出掛けや普段着の装いが、一層楽しくなる様に感じます。

 

色で遊び、柄で遊ぶきものの楽しさ。

 

季節と共に、自分らしい装いを、着物と共にお楽しみくださいませ。

 

 

《 掲載商品詳細 》

洛風林の帯 九寸名古屋帯「蛮布石畳文」(絹100%) 100,000円(税別・未仕立て品)

丹後木綿 細縞モスグリーン(綿100%) 40,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP