和をたしなむ

2021.08.29更新 - コーディネート紹介

柄の愛しさと、藍色の美しさを活かす様に。「竺仙奥州小紋「千鳥」×麻八寸「藍絣」」

 

ただ今、

 

オンラインショップ限定浴衣全品最終セール

 

を開催中です。

 

 

単品でのご紹介をしてきましたが、

ここで美濃幸好みのコーディネートも、

合わせてご紹介していきたいと思います。

 

 

掲載品はどれも、

最終セール価格対象品ですので、

ご興味を持って下さった商品たちは、

最後に添付しますリンクから、

詳細をチェックしてみて下さい!

 

 

では、

 

今日はこちらから。

 

 

オンラインショップに掲載をしました、

竺仙奥州小紋『千鳥』」の長着に、

 

千鳥の染め色である藍色を相性が良い、

八寸(名古屋帯)「藍絣・麻・立涌柄」を、

 

コーディネートしてみました。

 

 

すっきりとした白地の博多織八寸も、

コーディネートの候補に挙がりましたが、

これからの季節感を考えると、

藍色が一層、美しく感じる季節。

 

民藝調の絣柄で織り上げた、

こちらの帯を合わせてみました。

 

 

立湧柄を大柄に織り上げた一本で、

こうした木綿や麻との相性が良く、

また浴衣にもコーディネートしやすい、

着物を日常的にお召しになる方にはとても重宝な一本です。

 

 

千鳥柄の愛らしさとは、

少し相反する印象もありますが、

そこは結ぶ帯〆の色で、

愛らしさをカバーする事にしました。

 

 

クリーム色の帯〆で、

両先には小田巻が付けられ、

前の結び目に来る部分には、

5色のドット柄が組み込まれています。

 

 

千鳥の赤色の目との相性は良く、

愛らしさを引き立ててくれています。

 

 

奥州小紋は、

竺仙さんが製作される分類では、

「浴衣」の範疇に入りながらも、

下に長襦袢をお召しになり、

帯合わせや小物合わせを変えれば、

夏衣としても、単衣としても、

長い季節にお召し頂ける、

スパンの長い一着に仕上がります。

 

 

着物と在る季節と時間を楽しむ皆さまに、

自分らしいスタイルと共に、

お楽しみいただければと思います。

 

 

《ご購入はこちらから》

 

竺仙奥州小紋『千鳥』

 

八寸(名古屋帯)「藍絣・麻・立涌柄」

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP