和をたしなむ

2021.08.31更新 - 男のきもの

男のきものを嗜む。「夏の終わりと小千谷縮。」

 

夏も終わりが近づき、

秋の気配を感じる頃。

 

きもの暦も移り変わる季節となりました。

 

 

そんな過日のコーディネートはこちら。

 

 

墨黒の小千谷縮に、

二色の紙布角帯をコーディネート。

 

私の夏の定番中の定番、

ワードローブ的な安心安定のコーディネートです。

 

 

麻の長着と透け感のある紙布の角帯。

 

ちなみに長襦袢は、麻の半襦袢を着て、

下はステテコで過ごしています。

 

外出することない日常生活では、

半襦袢とステテコが軽快で便利。

これなら気軽に自転車にまたがり、

子どもの保育園の送り迎えも出来ます♪

 

 

純然たる「夏衣」のコーディネートで、

きもの暦でいえば、袖を通せるのは、今日一日。

 

9月朔日からは「単衣」になります。

 

 

これほど残暑が厳しくなると、

まだまだ小千谷縮から袖を抜く事は難しそうですが、

ある程度はきもの暦を護りたいなというのも、

私なりの心情。

 

 

そのこころは、

ドレスコードであるきもの暦に執着するのではなく、

来たる季節に向けて、夏衣と同じように、

その季節にしか着れない一着を、

楽しみたいと思う気持ちが前面にあります。

 

 

もちろん無理は禁物。

 

私自身も9月に入ってからも、気温が35℃とかになるのであれば、

ためらいもなく小千谷縮に袖を通す事でしょう。

 

そして普段着である小千谷縮は、

気候や気温、その時々の気分によって、

自分なりに判断をし、自分らしく着る事が大切だと思っています。

 

 

皆さまに押し付ける事もなく、

また常々相対する方へ想いを馳せる事も忘れずに、

自分らしいスタイルと共に、季節と共に在るきものを、

存分にお楽しみいただければ幸いです。

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP