和をたしなむ

2021.05.31更新 - 角帯

男の着物に帯周りの涼感を。「博多織 西村織物 角帯『ドット・切子柄』」

先週のコラムで、

チェック柄の小千谷縮に帯を合わせて、

美濃幸好みのコーディネートをご紹介しました。

 

先週のコラムはこちら

小千谷縮(男女)のコーデポイント紹介

 

 

そちらでコーディネートした帯を、

男女それぞれ、詳しく紹介したいと思います。

 

 

まず、男性向けの角帯から。

 

 

博多織角帯 西村織物 ドット・切子柄

 

 

「男の角帯」といえば、

多くの方が真っ先に思い浮かぶ「博多織」。

 

その博多織の名店である、

西村織物さんが織り上げた角帯です。

 

 

単衣から夏衣に最適な、

白の地色の上に浮かぶドット柄。

 

 

青色と水色の二配色で織り上げ、

白の地色と相まり、涼しげな印象です。

 

 

一応、このドット柄の方が表になりますが、

裏面も涼しげな織り上がりに。

 

 

淡い水色と灰色のストライプになっています。

 

 

このドット柄。

 

実はよく見るとそのドットの間にも、

織り糸が走っており、

切子柄の様な雰囲気になっているところが、

面白くもモダンなところ。

 

 

こうした細やかな織自体が、

結んだ時の表情となり、

夏の涼感を高めてくれる要素となります。

 

 

結ばれる季節は、

単衣から夏衣の頃がおすすめ。

 

合わせる長着は、

正絹から麻、木綿まで、

幅広く合わせて頂けます。

 

 

男の着物に夏の涼感を加えて、

来たる季節を見た目からも涼しげに、

お楽しみ下さいませ。

 

 

掲載商品詳細

博多織 角帯「西村織物 ドット・切子柄」 42,900円(税込・反物価格)

 

ご購入はこちらから

博多織 角帯「西村織物 ドット・切子柄」

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP