和をたしなむ

2018.07.05更新 - 男のきもの

男の遊び心と夏の遊び心を共に楽しむ。

 

毎週、男女入れ替えながら掛け替えている、

正面ウィンドウのコーディネート。

 

今週はこちらの、男性向けのコーディネートになりました。

 

 

昨年も好評を頂きました鳥かご柄の注染浴衣生地に、

西陣七野さんの麻角帯を合わせ、下駄はシンプルに白木をコーディネート。

 

注染浴衣の楽しさ」を、存分に味わう事が出来る一品です。

 

 

当店はどちらかというと、普段のお出掛けに着物を楽しんだり、

日常の延長線上から少し背伸びをした着物らしいお洒落をご提案したい店。

 

なので、「花火大会があるから浴衣を着たい!」というお客様は少なく、

この様な浴衣らしい注染の生地は少な目なのですが、

私自身が遊びのあるものや趣向を凝らしたものが大好きで、

この浴衣も、選品の段階で一目惚れ。

 

和装でお洒落を楽しむ皆さまに、

「浴衣でしか味わえない」、「夏でしか味わえない」、

注染の魅力と遊び心を夏の季節と共に存分に楽しんで頂きたく、

置いている浴衣の一反です。

 

 

浴衣の個性を存分に活かしたいので、

浴衣はシックにまとめ、

 

 

でも、拘りを感じる質感を楽しんで頂きたいので、

西陣七野さんの麻角帯を合わせました。

 

浴衣生地は、柄はもちろんですが、

色使いがとても素敵な染め上がり。

 

 

お世話になっている、京都の小物屋さんが監修しているのですが、

地色や柄の色の取り合わせなどは、その小物屋さんのセンスが光る、

モダンな染め上がりになっています。

 

 

男はいくつになっても子どもで(私だけ!?)、

夏祭りとなると心躍り、童心に帰って心行くままに遊ぶことが、

何よりも楽しいこと(私だけ!?!?)

 

 

そんな男心と、夏心、そして遊び心を浴衣と共にして、

夏を素敵な季節にして頂けたらと思います。

 

 

《 掲載商品詳細 》

注染浴衣 「虫かご」(綿100%) 30,000円(税別・反物価格)

西陣七野 麻角帯(麻100%) 36,000円(税別)

  • 記事一覧

↑PAGE TOP