和をたしなむ

2021.10.18更新 -

秋袷に心地好いシボが立った織物の風合いを。「本塩沢「酒井織物・白よごし・蚊絣」」

 

今月の特集、

 

「秋袷に向く、美濃幸好みの紬」

 

 

「紬」という範疇では、

もしかしたら当てはまらないかも知れませんが、

「秋袷」という範疇では、

絶対におすすめしたい一反を、

今日はご紹介します。

 

 

本塩沢「酒井織物・白よごし・蚊絣」

 

 

新潟県の山間、塩沢で製織されている、

本塩沢の一反。

 

丁寧な織りに定評がある、

「酒井織物」さんが手掛けた一反です。

 

 

塩沢織とは、

平安時代から続く織物のひとつ。

 

その頃は自生していた麻を採り、

それから糸を績みだして織り上げた、

麻織物から始まったとされています。

 

 

麻織物の代表「越後上布」から始まり、

時代を経る中で脈々と受け継がれ、

また培われてきた技術は、

江戸時代になると絹織物にも反映され、

「塩沢紬」や「本塩沢」へと繋がっています。

 

 

本塩沢は、

「塩沢御召」で名が通った絹織物。

 

 

その起源は江戸時代初期にさかのぼり、

強撚糸を使ったシボが立った織物として、

重宝された織物です。

 

 

強撚糸とは、その字の通り、

撚りを強く掛けた糸の事で、

その糸を経緯に使い織り上げると、

十字に重なったところが反発し合い、

結果、シボが立った織物が出来上がります。

 

 

本塩沢はそこにもうひと手間、

「湯揉み」という工程を加わえる事で、

お湯の中で揉む込みながら一層シボが立ち、

またしなやかな風合いも生まれる、

他にはない風合いとなります。

 

 

こちらの一反は、

その絹味を活かした織り上がりと堪能できる、

白よごしの地色に蚊絣の一反。

 

 

これ以上でも、これ以下でもない、

本塩沢の醍醐味を存分に味わって頂ける、

シンプルかつ本質的な仕上がりです。

 

 

語彙力不足もあり、

これ以上の言う言葉があまり浮かびません(笑)

 

 

この見たままの姿、織の美しさを、

存分にお楽しみ頂けたらと思います。

 

 

八掛選びも自由ですが、

おすすめは薄墨や墨黒。

 

蚊絣の色と白よごしの色を活かし、

また悪目立ちしない様な色を付けると、

帯合わせや小物合わせの幅が、

格段に広がると思います。

 

 

そんな美濃幸好みの帯合わせは、

後日のコラムにて。

 

 

また、こちらの一反は反巾も広く、

1尺5分ありますので、

男性向けのコーディネートも、

一緒にご紹介をします。

 

 

心地好く袖を通し、

少し汗ばむ頃も快適に過ごせる一着。

 

皆さまも来たる季節を、

素敵な着物と共にお過ごしくださいませ。

 

 

《掲載商品詳細》

 

本塩沢「酒井織物・白よごし・蚊絣」 418,000円(税込・反物価格)

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

本塩沢「酒井織物・白よごし・蚊絣」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP