和をたしなむ

2020.05.04更新 - 浴衣

粋とモダンを、伝統の中で楽しむ。「竺仙浴衣 白紬地男性向け浴衣『モザイク』」

 

GW初日の名古屋の最高気温は30℃!

 

吹き出る汗と共に、一気に夏がやって来た心地がします(汗)

 

 

これくらいの気温になると、目に心に楽しいものは、「浴衣の色柄」。

 

早速、今年の新柄浴衣をご紹介したいと思います!

 

 

竺仙 白紬地男性向け浴衣「モザイク」

 

 

長い歴史と確かな伝統を持つ江戸染の名店にして、

「今年の夏の一着は~」と思われている方もきっと多いはず、

「竺仙」さんの一反です。

 

 

白の綿紬の生地の上に、

モダンなモザイク柄を染め上げた一反。

 

 

こうした遊び心のある柄は、

 

浴衣を『浴衣』として着て楽しむ。

 

際には、欠かせないワンアイテムになると思います。

 

 

「浴衣=夏着物」としてではなく、

「浴衣=夏の遊び着」という感覚でしょうか。

 

このあたりの事はまた機会がありましたら、

コラムでも想いを書いてみたいと思います。

 

 

さて、浴衣の説明に戻りますが、

柄はご覧頂いた通りの染め上がり。

 

 

こうしたモダンなものは、兎角インクジェットなどで染める事が多く、

そうなると柄の見え方や染め上がりは平坦になりがちですが、

手染めで一反ずつ染め上げる竺仙さんの一品は、

色の深みや、濃淡、重なったところの色合いが良く、

手仕事の良さ、伝統の良さを、味わって頂ける染め上がりになっています。

 

 

美濃幸好みの帯合わせはこちら。

 

 

麻組紐の角帯。

 

エメラルドグリーンの色がビビッドがモダンな雰囲気の挿し色になり、

また夏の遊び心を盛り上げてくれる色になったかと思います。

 

 

柄のモダンさと、伝統的な手仕事の良さ、

それを共に夏の遊び心と共に楽しむ。

 

今年の夏が皆さまにとって、心躍る楽しいものになります様に。

 

掲載商品詳細

 

竺仙 白紬地男性向け浴衣「モザイク」 44,550円(税別・反物価格)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP