和をたしなむ

2020.04.15更新 - 八寸・九寸(名古屋帯)

織りの美しさ、手織りの美しさを感じる。「見留敦子 夏九寸『薄明かり』」

 

2020年の新作夏衣のご紹介。

 

今日から順次、皆さまにご紹介をしてまいります!

 

 

ただ今、外出自粛要請を受けての、

ネットからのお問い合わせを大歓迎&送料無料を行っております。

 

どうぞお気軽にお問い合わせください♪

 

 

さて、第一回目にお届けする一品は、

毎度のことながら、私が一目惚れをしてしまい(笑)、

二つ返事で見分けてきた一品。

 

目の前に掛けてあるこの帯を見て、

そこから動けなくなったくらい、美しさを湛えた一本です。

 

 

見留敦子 夏九寸「薄明かり」

 

 

その織り上がりは他に類を見ない、心を奪われるような美しさ。

絹の光沢感が存分に活かされたその織り上がりは、

手織りで一段一段、糸の様子を見ながら丁寧に織り上げられ、

その繰り返しの中でしか生まれない、手仕事の美しさがそこに在ります。

 

 

「薄明かり」というこの帯の題名の通り、

薄く透ける生地感から抜ける明かりは、優しく、柔らかい光そのもの。

 

 

こうしたシンプルな格子柄でこそ、

手織りの美しさや、手仕事の美しさが、

そのものに宿る様に、私は思います。

 

 

夏帯として織り上げられた一本ですが、

単衣の頃からお楽しみ頂ける織り上がり。

 

 

今夏は昨年の様な冷夏になるのか、はたまた猛暑となるのか、

今からはまだ予想はつきませんが、

幅広い季節と共にご愛用頂ける一本となったら、

何よりも嬉しいことだと思います。

 

 

掲載商品詳細

見留敦子 夏九寸「薄明かり」 380,000円(税別・反物価格)

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP