和をたしなむ

2020.04.22更新 -

夏衣の季節を軽やかに、絹の素材感をお楽しみ下さい。「樋口隆司 湯揉み絹縮『遊び格子』」

 

2020年新作夏衣のご紹介!

 

昨年、とても好評を頂きました、

樋口隆司さんの一反が織り上がりました。

 

 

樋口隆司 湯揉み絹縮「遊び格子」

 

雪国小千谷で製織活動をされている、樋口隆司さんの一品です。

 

「小千谷」というと麻織物の「小千谷縮」が有名ですが、

こちらは絹織物の一反。

 

細い絹糸を丁寧に織り上げた後、一反ずつ手仕事で湯揉みして仕上げ、

縮の触感と風合いを作り上げています。

 

 

その肌触りは、夏衣としては絶品。

 

小千谷縮の様なサラッとした風合いですが、

絹なので柔らかかつしなやか。

 

また光沢感も美しい織り上がりです。

 

 

日本工芸会正会員である樋口隆司さん。

 

6代続く、小千谷の老舗機屋として、昔から続く伝統を受け継ぎながらも、

その創作は常に前向きで、見る人と着る人の心を打つものばかり。

 

 

この一反も色遣いがとても美しく、

色糸の使い方、縞の太さが絶妙です。

 

 

夏の陽ざしの下でこそ映える鮮やかなスカイブルーの色糸と、

それを引き立てる白・灰の色糸が、バランスよく織り込まれています。

 

 

こちらの一品は、夏を想定して織り上げていますが、

帯や長襦袢、小物合わせによっては、単衣頃からお楽しみ頂けます。

 

 

「遊び格子」という名の通り、

夏の遊び心と共にお楽しみ頂ける織り上がりの一反。

 

夏を快適に楽しむ一着として、お召し頂けたらと思います。

 

 

 

続いて、

「どの帯を合わせようか?」と、

当店の在庫の棚と相談をしながら、

今日はこの一本と合わせてみる事にしました。

 

 

染の川勝さんの紗九寸「秋桜」。

 

柄はコスモスの柄と、季節としては少し早めではありますが、

色の雰囲気も相性良く、また程よい遊び心もある、

良い組み合わせとなりました。

 

 

型染で柄を付け、ひとつひとつ、細かな箇所を、

手で色挿しを施した一本。

 

 

清涼感ある、シンプルな色遣いですが、所々に挿した色が効き色となり、

紗九寸の生地感との相性も相まり、帯の個性を引き立たせてくれています。

 

 

スカイブルーの色も絶妙。

 

 

茎のレモンイエローも良く、

こうしたひとつひとつの小さな色挿しが、

帯全体の印象を決めています。

 

 

こちらの帯は、単衣にも向く一本ですが、

柄を考えると、秋単衣の頃が最適な一本。

 

少し先の季節に目と心を向けて、

着物と在る日々を楽しんで頂けたら何よりの事と思います。

 

 

掲載商品詳細

樋口隆司 湯揉み絹縮「遊び格子」 200,000円(税別・反物価格)

染の川勝 紗九寸「秋桜」 126,000円(税別・反物価格)

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP