和をたしなむ

2021.10.23更新 -

大人可愛さを含んだ絵絣の魅力を。「絵絣紬「縹紬・薔薇」」

 

今月の特集、

 

「秋袷に向く、美濃幸好みの紬」

 

 

今日は絵絣の愛らしさを含んだ、

こちらの一反をご紹介します。

 

 

絵絣紬「縹紬・薔薇」

 

 

柔らかな山吹色の地色の上に咲くのは、

満開の薔薇の花たち。

 

京都の老舗問屋「千切屋」さんが、

オリジナルで手掛けている、「縹紬」の一反です。

 

 

手紡ぎの真綿糸を使い、

丁寧に織り上げた「縹紬」は、

千切屋さんが古くから手掛けている紬で、

お値段と品質のバランスが良く、

 

着物を始められる方から、

着なれている方まで、

幅広いお客様に自信をもってお勧めできる、

美濃幸でも定番の一反です。

 

 

こちらは、絵絣で織り上げた一反。

 

薔薇の柄が織り込まれています。

 

 

紬といえば、

最近は無地か縞、格子がほとんどで、

こうした絵絣のものは、

一見すると古臭さを感じる方も、

もしかしたらおられるかも知れません。

 

でも、私が思うに、

こうした絵絣紬の素朴さや、

織物だからこそ生まれる雰囲気は、

今や貴重にも感じるもので、

 

普段から着物をお召しになられている方にこそ、

絵絣紬の世界をお楽しみ頂けたら、

何よりも嬉しいことです。

 

 

合わせる帯は、九寸八寸はもちろん、

こうした生地感には、半幅帯もおすすめ。

 

また後ほどのコラムで、

美濃幸好みの帯合わせも、

ご紹介したいと思います。

 

 

色を楽しみ、柄を着こなす、絵絣紬の魅力。

 

季節とともにお楽しみください。

 

 

《掲載商品詳細》

 

千切屋謹製縹紬 絵絣紬「薔薇」 124,000円(税込・反物価格)

 

《掲載商品のご購入はこちら》

 

千切屋謹製縹紬 絵絣紬「薔薇」

  • 記事一覧

↑PAGE TOP