和をたしなむ

2020.06.03更新 -

市松の楽しさを夏衣と共に。「樋口隆司 小千谷縮『市松』」

 

六月に入り、一層夏らしい体感を感じる日々となりました。

 

 

着物を着ていると感じる、

袖や肩周り、帯周りにこもる蒸し暑い感覚。

 

半袖でも、ノースリーブでもない、きものならではの事ですが、

これからの季節、本格的な着始めとなる「麻織物」なら、

こうした事からも離れた爽快な着心地をお楽しみ頂けるかと思います。

 

 

樋口隆司 小千谷縮「市松」

 

 

新潟県小千谷で製織活動されている、樋口隆司さんの一品。

 

小千谷縮でも珍しい、手織りの一反です。

 

 

大きさに大小がある、

変わり市松模様に織り上げられた一反。

 

 

揃った大きさの市松もシンメトリックで素敵ですが、

この様なあえて大きさに大小を付け、

この一反をお召し頂ける方に合わせて、

衿合わせや前合わせを工夫しながら仕立て上げた時に、

その完成図である着姿が表情豊かになり面白くなる様に、

計算をされ、織り上げられています。

 

 

生成りの部分と、水色・若葉色・朽葉色で織り分け、

一反に仕上げています。

 

 

お召しになる方のご寸法にもよりますが、

お顔に近い部分の色や、前身頃の色は、お好みに合わせて調整する事も可能。

 

 

水色や若葉色を持ってきて、軽やかにしても良し。

朽葉色を持ってきて、シックにまとめても良し。

 

自分だけの一着に仕上げていく事も、楽しい工程かと思います。

 

 

風合いはとても良く、

多くの織機物の小千谷縮と比べて、しなやかな風合いが特徴。

 

 

もちろん、他の多くのものと同じくご自宅で洗濯する事も出来ますし、

一層、経年変化をお楽しみ頂ける、しっかりとした織り上がりになっています。

 

 

ユニセックスでお楽しみ頂ける一反。

 

どちらにしても、モダンさを上質感と共に感じる一着になる事は間違いないので、

この一反が持つ個性に心惹かれ、最良の夏衣をお探しの皆さまに、

お届けする事が叶えばと思っています。

 

 

掲載商品詳細

 

樋口隆司 小千谷縮「市松」 220,000円(税別・反物価格)

 

 

 

 

  • 記事一覧

↑PAGE TOP